カラダの酸素量が減ると、一番影響を受ける場所は…

人は何もしなければ、年齢が進むにつれて
『肋間筋』『横隔膜筋』
といった筋肉が硬直していき、
心肺機能が弱くなっていきます。

 

 

 

 

心肺機能が弱くなると、
呼吸のコントロールが弱くなり、
カラダの酸素量が減ります。

 

 

 

カラダの酸素量が減ることで、
一番影響を受ける場所は
どこだかわかりますか?

 

 

 

それはズバリ…

 

 

 

『脳』

です!!

 

 

 

理由は、
脳が一番酸素を使う臓器だからです!!

 

脳の活動力が下がると…

 

・知的能力が衰える

・感情の豊さが失われる

・身体運動能力が低下する

・慢性的に不機嫌になる

・軽度のうつ状態になる

 

などなど、
様々なことが懸念されますが、
脳の活動力が下がることで
一番懸念されることは…

 

 

 

『イメージ力の低下』

です!!

 

 

 

人はイメージを通して
未来の自分とコミュニケーションを
とったりします。

 

 

 

イメージ力が低下すると
臨場感をもって未来を思い描くことが
できなくなってしまうので、

『なぜ、私は今これをやっているのだろうか…』

と、軽いうつのような状態に
なってしまうのですね。

 

 

 

逆に、イメージ力が活発であれば、
臨場感をもって思い描いた未来から
逆算しての

『今』

を生きることができるので、
目的意識が明確になり、
より行動的になります!!

 

 

 

『呼吸三昧ファスティング・クラス』にて、
呼吸を深めて、脳に新鮮な酸素を
投入しましょう!!

 

 

 

エネルギーが物質化するように、
活き活きとして躍動感をもった
イメージ力こそが、
ハリ・ツヤのあるの現実を作り出します!!

 

 

 

次回の『呼吸三昧ファスティング・クラス』は
12月16日(土)・17日(日)に
開催されます!!

イメージ力を活性化するためにも、
『呼吸三昧ファスティング・クラス』にて、
呼吸をトレーニングしましょう!!

Share on Facebook
LINEで送る

『ファスティング・クラス』続 感想

『ファスティング・クラス』
2日目が終わってからの感想です(^ー^)

どしどし届いていますよ☆☆☆

 

■ 「今まで意識したことの無い部位に感覚があって、体の中が
活性しているのを感じました。」

 

■ 「自分が浮いているような、軽くなった感覚がありました。」

 

■ 「息を止めている時もだんだん苦しくなくなって
気持ちよくなってきました。」

 

■ 「すごく不思議ですが、呼吸自体を すごく楽しめました。」

 

■ 「ヨガをやっている方は姿勢が
ほとんど崩れないのが、凄いな!と思いました。」

 

■ 「自分のカラダの弱点ポイントを、発見できました!」

 

■ 「ファスティングのおかげでカラダが、柔らかくなりました!」

 

 

喜びと驚きの声が、続々届いています!!

 

 

Share on Facebook
LINEで送る

『ファスティング・クラス 』 感想!

 
『ファスティング・クラス』1日目の、
感想が届いています!!

 

 

■ 「呼吸トレーニング後、自然に呼吸しても
   息が深くなっている事にびっくりしました。」

 

■ 「自分の痛みや感情と冷静に向き合えました。」

 

■ 「これまでボヤーッとしていたやりたい事が
   ハッキリとイメージできました。」

 

■ 「自分の概念がボロボロと落ちていき、
   クリアーな状態を知る事ができました。」
 
 

■ 「たくさんの煩悩が出てきた〜〜〜(笑)」

 

■ 「今ヨガを勉強しているのですが、
   自宅で1人で呼吸トレーニングをするよりも
   みんなでやると集中できました。」

 

■ 「最初は辛かったですが、
   だんだん血液が体中を巡っているのを感じました。」
 


 
今日も感想をお届けしますね☆

お楽しみに♪

 

Share on Facebook
LINEで送る

『呼吸とは排泄!』 

 

『ファスティング・クラス』の 1日目 午前の部 終了しました。

『呼吸と排泄』の講義のあとは約3時間の呼吸トレーニングでした!!
ここで、みなさんからの感想をお届けします!!

 

 

■「ファスティング・クラス中、トイレに行く度に顔色がよくなっていました!」

 

■「呼吸トレーニングで排泄がスムーズ」

 

■「呼吸と排泄の講義を聞いて、職場で習っている事と同じだ!と思いました。」(医療の現場でお勤めの方です。)

 

■「楽しいです!性格的に溜め込みやすくて、食べる事も好きです。そんな人ほど 排泄 が大事なんだと思いました!」

 

 

まだまだ、お寄せ頂いてますので またお届けしますね!

Share on Facebook
LINEで送る