【呼吸】

皆様こんにちは。

本日は呼吸について書きたいと思います。

※ストレスと呼吸

呼吸はヨガにおいてもっとも重要な要素の1つです。

普段無意識に行われている呼吸を意識的にコントロールすることによって神経系に大きな影響を与えます。

やり方次第で活性化させることもできれば、リラックスさせることもできますよ。

ヨガをしたことがある方は、呼吸がどれほど気持ちに影響を与えるか、また気持ちのあり方を変えるためにどれほど有効かがわかると思います。

ヨガではゆったりとした深い呼吸を行いますが、途切れたり、乱れたりすることなくできるだけスムーズに息を吸って吐くという点も重要ですね。

ストレスを感じると呼吸が乱れますが、不安定で効率の悪い呼吸は緊張や不安を引き起こします。

呼吸をゆっくりと整えるだけでも目の前のストレスを緩和することができます。

我を失っている人に「深呼吸しなさい」とアドバイスすることも一理ありますね。

腹式呼吸の象徴である深くゆっくりと行う呼吸は、副交感神経を働かせ、そのため、体温が上がり、

免疫力アップ、血行促進、冷え性改善、便秘解消が期待できます。

また、新陳代謝が上がり、脂肪燃焼効果にも期待できます。

 

Have a nice day !

 

 

 

 

※腹式呼吸

仰向けになり、息を吸って吐き出すときにお腹の筋肉を優しく収縮させ、おへそを背中に引き寄せるようにしましょう。

次に息を吸うときにはなるべく力を入れないようにして、自然にお腹にもどしましょう。1分くらいこの呼吸を続けるとほとんどの人が

始める前よりリラックス出来たと感じるようです。

座った姿勢でも行ってもかまいませんよ。

座ったままリラックス出来れば、デスクワークや飛行機の中など場所を選ばず活用できますね。

腹式呼吸の象徴である深くゆっくりと行う呼吸は、副交感神経を働かせ、そのため、体温が上がり、

免疫力アップ、血行促進、冷え性改善、便秘解消が期待できます。

また、新陳代謝が上がり、脂肪燃焼効果にも期待できます。

 

 

 

 

『YOGA FLOW』

ヨガをやってきた!からヨガが流れている感へ。
そのフローは奇跡の扉を開く。

株式会社 前里光秀おしゃれデザイン
千 豊

 

 

Share on Facebook
LINEで送る