【ヨガの効果】

皆様こんにちは。

 

ヨガの効果について書いていきますね。

 

1.柔軟性を高める

ヨガのポーズでは意外な筋肉が伸びることがあります。

また続けているうちに最初は硬く閉じていた部分が開いてきて、ある日出来なかったポーズが急に出来るようになることがあります。(経験された方いますよね。)

ヨガにより筋肉が柔軟になり、関節の可動域が広がることが医学的研究によって実証されていますよ。

それがどうして健康に良いのでしょうか。

腰の硬さが太ももとすねの骨の配列を歪め、膝関節に大きな負担をかけたり、太もも裏の筋肉が硬いと腰椎が平坦になり腰痛を引き起こしたりします。

 

 

2.筋肉を鍛える

十分な筋肉がないと関節炎や腰痛などを起こしやすくなります。

身体的な衰えは、筋肉が落ちることによって起こります。

高齢者でも筋肉をつける訓練を行えば、機能が高まります。

ヨガのポーズは筋肉を強化するだけでなく、筋力と柔軟性のバランスを全体的に改善します。

重量あげの筋力トレーニングも良いのですが、柔軟性が失われていきます。

なので、ヨガで柔軟性を高め、筋肉もつき、バランスよく、また持久力もたかまるので疲れにくくなるという効果も期待できるのです。

 

 

images

 

 

 

3.バランス力の向上

高齢者の転倒防止には筋力向上は欠かせませんが、高齢者に限らず木のポーズなどを習慣的に行う事で、バランス感覚が身につきます。

特に高齢者は転倒し、骨折し自立が困難になる方が多いので、バランスが大切なんですよ。

ヨガでは、身体の前後左右をバランスよく動かしていくため、ケガの原因となる筋肉のアンバランスを改善していけるのです。

 

 

 

『YOGA FLOW』

ヨガをやってきた!からヨガが流れている感へ。
そのフローは奇跡の扉を開く。

株式会社 前里光秀おしゃれデザイン
千 豊

Share on Facebook
LINEで送る

【お土産】

皆さまこんにちは。

 

ゲストの方から頂いたお土産を紹介したいと

 

思います‼

 

IMG_1323

 

 

 

 

 

 

Sさんからのお土産です。

 

薩摩芋はビタミンCを多く含み、イモ類の中ではトップの

 

含有量です。

 

ビタミンCには抗酸化作用があり、皮膚や血管の廊下を

 

防ぐ効果があります。

 

またビタミンEも含まれダブルの効果で肌に潤いを与え、

 

美肌効果も期待できます。

 

 

 

※Sさんありがとうございました。

 

 

 

 

 

『YOGA FLOW』

ヨガをやってきた!からヨガが流れている感へ。
そのフローは奇跡の扉を開く。

株式会社 前里光秀おしゃれデザイン
千 豊

 

 

 

Share on Facebook
LINEで送る

【宮古島産】

皆様こんにちは。

 

IMG_1312

 

 

上記の写真は、オーナーのお兄さんが送ってくれた

宮古島産の野菜や、そば、かまぼこ、モズクです。

段ボール一杯に凄い量でしたよ。

ありがとうございます。

その中で、本日は3つの食材を紹介していきますね。

 

1青パパイヤ→たんぱく質分解酵素

 

「パパイン」と呼ばれる強いたんぱく質分解酵素が含まれています

この酵素は黄色く熟すにつれて減少してしまう事が分かっています

またこの酵素はたんぱく質に限らず、脂肪や糖質をも分解する働き

確認される。

胃腸にはいった食べ物の消化を助けるとともに、体内の脂肪や糖分の代謝を

得られ、ダイエット効果が期待できる。

 

〇豊富なポリフェノール→赤ワインの約7.5倍のポリフェノールが含まれて

いるといわれている。

ポリフェノールには強い抗酸化作用があり、血をサラサラにし、心筋梗塞、糖尿病

や生活習慣病などの予防に効果がある。

活性酸素を抑える働きがあることからシミやしわの予防といったアンチエイジング効果

も期待できます。

 

〇ビタミンCがたっぷり→100g中45mgものビタミンCが含まれています。ビタミンCは特に女性にとって関心が高い美肌を保つためのコラーゲンの生成に欠かせない栄養素です。

 

2皆様ご存知ゴーヤーです

ゴーヤーの特徴苦味。凄いパワーを持つ栄養素って知っていましたか?

苦味成分は、「モモルデシン」「チャランチン」「コロコリン酸」と呼ばれる3つの成分で

胃酸の分泌を促して食欲を増進させる効果があるとされています。

コロコリン酸には、血糖値を下げて安定させる効果がある。

夏バテ解消や、糖尿病予防に効果が期待される食材ですね。

 

3島バナナ

沖縄在来種の小型のバナナです。ちょうどモンキーバナナと同じくらいの大きさです。

見た目は似ていますが、島バナナとモンキーバナナは別物です。

バナナの品種は300種類あると言われていますが、その中でも島バナナは、糖度

と酸度のバランスが良く、もっとも味が良いバナナと言われています。

また、ギュッとつまったような、もっちりとした食感でいつも食べているバナナ

とはひと味違いますよ。

 

島バナナはカリウム、マグネシウム、食物繊維などが豊富で非常に栄養価が高い

中でも注目はフラクトオリゴ糖が入っていることです。食物繊維やフラクトオリゴ糖

が消化を助けてくれて便秘解消の効果があり、フラクトオリゴ糖が腸内のビフィズス菌

を増やす働きもしてくれますよ。

 

 

旅行しながら現地で、食べてみては

美味しいですよ。

 

ではまたね。

 

 

『YOGA FLOW』

ヨガをやってきた!からヨガが流れている感へ。
そのフローは奇跡の扉を開く。

株式会社 前里光秀おしゃれデザイン
千 豊

Share on Facebook
LINEで送る

【呼吸】

皆様こんにちは。

本日は呼吸について書きたいと思います。

※ストレスと呼吸

呼吸はヨガにおいてもっとも重要な要素の1つです。

普段無意識に行われている呼吸を意識的にコントロールすることによって神経系に大きな影響を与えます。

やり方次第で活性化させることもできれば、リラックスさせることもできますよ。

ヨガをしたことがある方は、呼吸がどれほど気持ちに影響を与えるか、また気持ちのあり方を変えるためにどれほど有効かがわかると思います。

ヨガではゆったりとした深い呼吸を行いますが、途切れたり、乱れたりすることなくできるだけスムーズに息を吸って吐くという点も重要ですね。

ストレスを感じると呼吸が乱れますが、不安定で効率の悪い呼吸は緊張や不安を引き起こします。

呼吸をゆっくりと整えるだけでも目の前のストレスを緩和することができます。

我を失っている人に「深呼吸しなさい」とアドバイスすることも一理ありますね。

腹式呼吸の象徴である深くゆっくりと行う呼吸は、副交感神経を働かせ、そのため、体温が上がり、

免疫力アップ、血行促進、冷え性改善、便秘解消が期待できます。

また、新陳代謝が上がり、脂肪燃焼効果にも期待できます。

 

Have a nice day !

 

 

 

 

※腹式呼吸

仰向けになり、息を吸って吐き出すときにお腹の筋肉を優しく収縮させ、おへそを背中に引き寄せるようにしましょう。

次に息を吸うときにはなるべく力を入れないようにして、自然にお腹にもどしましょう。1分くらいこの呼吸を続けるとほとんどの人が

始める前よりリラックス出来たと感じるようです。

座った姿勢でも行ってもかまいませんよ。

座ったままリラックス出来れば、デスクワークや飛行機の中など場所を選ばず活用できますね。

腹式呼吸の象徴である深くゆっくりと行う呼吸は、副交感神経を働かせ、そのため、体温が上がり、

免疫力アップ、血行促進、冷え性改善、便秘解消が期待できます。

また、新陳代謝が上がり、脂肪燃焼効果にも期待できます。

 

 

 

 

『YOGA FLOW』

ヨガをやってきた!からヨガが流れている感へ。
そのフローは奇跡の扉を開く。

株式会社 前里光秀おしゃれデザイン
千 豊

 

 

Share on Facebook
LINEで送る