ヨガ 癒しフェア 見つけるもの。

ヨガの中に暮らしがあるという生き方

 

ヨガの中に暮らしがあるという生き方。」

 

人は何かのをしっかりと握りながら生きている。

それがなんなのかは、人それぞれ。

それが人生の大きな支えになっているかもしれないし、
そうではないかもしれない。

 

だけど、どんな人でも必ず何かを握りしめながら生きる。
そうでないとココに立っていることも難しいかもしれない。

 

 

人の弱さを問いたいのではなく。

「何か」を持つことができる嬉しさを改めて思い出したいのです。

 

 

 

ただし、とても身近な、とても日常的人間的な部分のお話です。

 

 

 

沖縄には「ゴーヤー」という野菜があります。

今はもう全国的に知られていますね。

 

昨日、ある人がこう言いました。

 

 

 

「1週間に一度は食べたくなる。」

だけど、すごく「大好き」かと言うとそうでもない。

なんだか「安心」する。

栄養をちゃんととれた感じがするから。

「カラダに良いことをした感じがするから。」

 

 

 

何気ない話だったけど、そういうものが人の心を安らげて、
そういうものの数が人の健康や笑顔につながる。

そういうものが、人にやさしくできる材料になる。

こんな些細な日常に、何を取り入れるのかは、
すべて自分で決めることができる。

 

 

その「そういうもの」が、ヨガでもいい。

 

よくわからなければ、取り入れた後にわかればいい。

 

後から好きになればいい。

 

その後に、ヨガの中に暮らしてみればいい。

 

 

 

8月3日の癒しフェアで「そういうもの」を見つけてみるのも、

いいかもしれません。

 

 

 

 

「360度美しい。をデザインする」

株式会社前里光秀おしゃれデザイン

デザイナー 川満由希夫

 

 

Share on Facebook
LINEで送る

ザ・青汁

ズバリ、青い汁と書いて「青汁」

 

俳優の八名信夫さんが「まずーい!もう一杯!」と
苦々しい表情で言い放つテレビCMによって
青汁が全国的に広まるきっかけの一つとなりました。

 

健康に良い、というイメージで
多くの方が一度は飲んだことがあるはず。

 

 

でも、具体的にどう健康に良いのか、
知っているようであまり知られていない青汁の魅力について
スポットを当ててみました。

 

 

 

まず、原材料について。
青汁の原材料となる代表的なものにケール、明日葉、大麦若葉があります。

 

主原料や配合の違いで効能にも違いが出てきますが、
デトックス、がん予防、便秘の改善、美肌効果、アンチエイジング、
コレステロール値の抑制と血栓症の予防、生活習慣病予防などに有効です。

 

 

なぜ、これほど様々な効果があるのか。

その大きな理由として、

ビタミン類が豊富
食物繊維たっぷり
③抗酸化成分で活性酸素 除去

ということがあげられます。

 

 

 

特に、皮膚や目などの健康を守り、感染症を予防し、抗がん作用もあるビタミンA
動脈硬化や脳卒中の予防、傷の治りを早くしたり、
コラーゲンの生成にも欠かせないビタミンCが豊富であることや、

強力な抗酸化作用により
有害物質である活性酸素を排除する働きもあること、

そして、多くの方が何らかの体質の変化を感じられているということが
青汁が長く親しまれている所以なのでしょう。

 

 

 

「そんなに良いのなら、今すぐにでも飲みたい」
という声が聞こえてきそうですが、

これは、どのサプリメントにおいても言えることですが
たとえ効能が優れているとはいえ
青汁は効果がすぐに表れるような即効性はありません。

 

継続して飲み続けることによって徐々に体質が変わっていきます。

 

 

 

一生のお付き合いとなる自分のカラダ。

 

好きな人を大事に想うように、
自分のカラダに意識を向け、大事にメンテナンスしていくと
カラダはちゃんと反応してくれます。

 

 

「自分のカラダを大事にしている」という意思表示、
そしてカラダへのメッセージとして、
まずは、一杯の青汁から初めてみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

「360度美しい。をデザインする」
株式会社 前里光秀おしゃれデザイン
島さおり

 

Share on Facebook
LINEで送る