カンタンに努力出来る方法。

 

デザイン パーティー イノベーション 人生 変化 ステージ 表現 

「自分を魅せる」となると、
タイミングをずらしたくなる。

今ではないと考える。

次がいいと思えてくる。

いつかでいいと遠ざけて、

やっぱり結果は「魅せられる」

 

 

人は「魅せる」ほど魅力的なのに、

遠慮してると「魅せられる」

魅せられ続けている人は、

「魅せる」を続けている人の、

半分くらいの人生を、それがすべて信じ込む。

 

 

「魅せる」を続けている人は、

魅せられ続けている人の、2倍の努力を続けてる。

 

 

努力が嫌いな僕たちは、「カンタンに努力出来る方法」はないかと、
矛盾を知りつつ探してる。

 

そんなものはないと思いながら探してる。

 

だけど、本当の矛盾はそこにある。

 

 

「ないと思いながら探す」

 

 

見つかるわけがない。

 

 

実際は  「ある」  のに。

 

 

 

 

「カンタンに努力出来る方法」

それを知りたい方は、この言葉をお読みください↓

 

 

 

努力は「魅せる」の下にある。

 

 

 

※努力をするから「魅せる」ができるのではなく、
「魅せる」と決めたらすでに努力中。
そして、それが日常になる。
それはもう努力ではなくなっている当たり前の状態。

 

 

 

「360度美しい。をデザインする」
株式会社前里光秀おしゃれデザイン
デザイナー川満由希夫

Share on Facebook
LINEで送る

未来をスピーチする時。

パーティー 表現 デザイン 人生 スピーチ コンテスト

 

 

僕たちは、自分が何者なのかを知りたい。

でも分からない。

 

僕たちは、自分が何をすべきなのかを知りたい。

でも分からない。

 

あなたは、自分の表現方法を知っている。

だからココにいる。

 

あなたは、自分の創造性を知っている。

だからココにいる。

 

 

私たちが未来をスピーチする時、

その好奇心と存在感が大活躍する。

 

そしてそのそれぞれが、

 

新機軸へのドア。

新展開の始まり。

新スタイル人生。

 

 

 

 

「イノベーションパーティー」

 

 

 

 

「360度美しい。をデザインする」
株式会社前里光秀おしゃれデザイン
デザイナー川満由希夫

Share on Facebook
LINEで送る

「美しくなりたい」という望みを諦めない。   そして、「正直に向き合う」ということ。

「美しくなりたい」

「かっこ良くなりたい」

 

誰もがそういう思いを抱いていると思います。

 

私もそのうちの一人。

 

 

20代前半の頃、
私はすごく太っていました。

 

そして、顔中に吹き出物が広がり、
吹き出物の上に吹き出物が重なっているような状態で、
目の周り以外は全て吹き出物で埋め尽くされている、
顔全体が膿んでいる、そういう状態でした。

 

だから、
鏡を見るのが嫌で嫌で仕方がなかった。

 

「私は、なんでこんなに醜いんだろう・・・」

 

鏡を見るたびに涙が込み上げてしまい、
「なんで?なんでこうなの?」
と鏡に額をぶつけては、
自分の醜さを嘆いてばかりいました。

 

 

そして、いつの間にか過食嘔吐が始まり、
地獄のような日々が10年続きました。

 

苦しくなるまで食べては吐く、食べては吐くを
1日の中で何度も何度も繰り返していた私は、
いつの間にか体重が30キロ台になっていました。

 

それでも「食べたら太ってしまう」という恐怖から
自分が痩せているなんて思えずに
過食嘔吐を繰り返していました。

 

胃液で歯のエナメル質が溶け、
右手には吐きダコがくっきりと現れ、
背中にもあばら骨が目立つようになっても
それでも太ることへの恐怖から
過食嘔吐を止めることはできませんでした。

 

お金を無駄にしている、
そして、食べ物を粗末にしているという罪悪感と
食べては吐くを繰り返す自分をとても恥じていて

そんな自分を知られることをすごく恐れていた私は
結局、誰にも言えずに10年間が過ぎ去りました。

 

 

でも、ある出来事がきっかけとなり
過食嘔吐は治っていきました。

10年間、苦しんでいたのが嘘のように。

 

 

 

長年の苦しみから解放された私は、
少しでも綺麗になりたいと
色んな美容法を試してみたり、
サプリを飲んだり、
高い化粧品を使ってみたりと
美を手に入れたい一心で色々と試してきました。

 

なんでもそうだったのですが、
始める前はドキドキワクワク。

これで綺麗になれるという期待感。

 

でも、暫く続けてもさほど効果を感じられず、
いつの間にか止めてしまうという繰り返し。

 

次第に「本当に効果があるんだろうか」と
あまり期待しないようになり、
そういう類のものを手にすることすら止めてしまいました。

 

情報に踊らされるのが嫌になったのです。

(そうは言っても、
懲りずに色々と試してしまうのですが、、、)

 

 

 

でも今は、
本当にカラダに良いものは何か、
本当に美しくなるためには何が必要か、
という確かな情報が手に入る。

 

 

「美しさとはなにか」
「美しくあるために必要なものとは何か」という答えが
前里光秀というチャネラーを通して得られる奇跡。

 

 

そして何よりも、
「美」についての深い洞察力、
様々な角度から捉える探究心、
「美」を哲学する、ということを
前里自身が徹底しているが故に放たれる
圧倒的な存在感。

 

 

 

溢れる情報に振り回されることも
回り道をすることもなくなる。

何年も棒に振ることもなくなる・・・・・。

 

私にとって、それは途轍もなく有難いことで、
創造の仕組みについても同じことが言えますが、
本当にココロとカラダを美しくする、
それによって毎日を楽しく豊かに生きる、

そこへ行く確かな情報が手に入れられるということは、
本当に「時間の短縮でしかない」
そう思うのです。

 

 

「人生で一番大切なものは時間です」

という前里の言葉を聞き、
「本当に、本当にそうだな」と強く感じるのです。

 

 

確かな情報を手にしたとき、
短縮される時間は計り知れないものとなり、
最高のリアリティに、ぐっと近づくことができる。

 

その鍵を、手にすることができるのです。

 

 

 

 

 

「360度美しい。」をデザインする
株式会社 前里光秀おしゃれデザイン
デザイナー 島さおり

Share on Facebook
LINEで送る

楽しむために。

だから、笑いを伴わない言葉は、弱い

 

 

言葉が創りだすいくつもの革命が、僕たちの人生を動かしている。

一瞬前の人生でさえ、ある一言で革命的に激変することがある。

一瞬で。

 

それは良くも悪くも影響する。

 

ただし、言葉を出さなければ何の影響もない。

何の影響もないということは、何も起こらないということになる。

 

「何も起こらない…」

 

それは、何か悪いと言われるようなことが起こるよりも、怖い。

人生が静寂するのです。

だから、僕たちは言葉を使い続ける必要がある。

しかしそれは静寂を恐れるからではなく、
「言葉」という、強力な人生デザイン力を持つ仲間と組んで、
自分の人生のプロデュースを楽しみたいから。

 

人生を楽しみたいから。

 

僕たちは、楽しむために言葉を使う。

 

楽しむという言葉には、
100%「笑い」が貼り付けられている。

笑顔がくっついている。

 

言葉は笑うために存在する。

人生をデザインするには、笑いが必要だということです。

 

 

だから、笑いを伴わない言葉は、弱い。

 

 

 

 

「360度美しい。をデザインする」
株式会社前里光秀おしゃれデザイン
デザイナー 川満由希夫

Share on Facebook
LINEで送る

イノベーションとデザイン力。

 

イノベーション

アイデアは、言葉と気持ちのイノベーション。

 

言葉と感動のイノベーション。

 

言葉と笑顔のイノベーション。

 

イノベーションはすでにあるものを融合させ、
新しいものを生み出す力。

 

 

「すでにあるもの」

 

 

あなたは、気持ちを、感動を、笑顔を

 

 

すでに持っていますか?」

 

 

そしてそれらには量も数もある。

 

 

「あなたはどのくらい持っていますか?」

 

 

人生がアイデアに溢れていれば、僕たちは幸せです。

 

アイデアの基本的材料が上に挙げた・・・

言葉・気持ち・感動・笑顔、イノベーション。

 

そして、その材料の分量や中身を決定するのが、

 

 

デザイン力。

 

 

今日をあなたは、どうデザインしましたか?」

 

「あなたは明日を、どうデザインするのですか?」

 

 

 

「そのために、昨日は何をデザインしましたか?」

 

 

 

 

「360度美しい。をデザインする」
株式会社前里光秀おしゃれデザイン
デザイナー 川満由希夫

Share on Facebook
LINEで送る

だから、自分のことは人に聞く。

 

人生 ストーリー デザイン 幸せ 予想外 サプライズ

思い描き、予想している人生ストーリーが、
実は予想以上につまらないものだとしたらどうでしょう。

 

自分の予想は大抵正解しますね。

予知できるという意味ではなく、
自分の予想は当たり前ですが「自分の予想」なので、

自分の範囲内の予想になる。

 

これまでの経験、体験、成功、失敗…
全部覚えている、知っている。
それを踏まえた予想だから、
「当たる」確率が高くなるのは必然です。

 

自分のことをよく知っているのは「自分自身だ」という勘違いが、
予想通りの明日と、予定通りの明後日への入口になっている。

 

 

自分のことをよく知っているのは「他の人」です。

 

 

だから、自分のことは人に聞く。

 

 

 

 

 

予想外の出来事は、必ず他人の手で創られる。

 

 

 

 

「360度美しい。をデザインする」
株式会社前里光秀おしゃれデザイン
デザイナー 川満由希夫

Share on Facebook
LINEで送る

記憶のデザイン。

イノベーション パーティー 人生 スピーチ ステージ 

 

あなたの記憶は間違っています。

なぜなら、自分の思うようにデザインし直されているからです。

 

良くも悪くも自分の思うようにデザインされている。

 

だけど、自分ではそんなこと気づけない。

 

 

仮に「その記憶違いますよ」と言われたら…

 

 

一度、記憶が崩れます。

そしてもう一度作り直す必要があります。

 

その時にデザイナーが必要になります。

 

なぜなら、また自分の思うようにデザインしてしまうからです。

 

 

 

記憶の崩壊は、人生デザインへの入口。

 

 

 

 

「360度美しい。をデザインする」
株式会社前里光秀おしゃれデザイン
デザイナー 川満由希夫

Share on Facebook
LINEで送る